【一般】平成18年度県民体育大会競技結果


平成18年度県民体育大会の結果です。
今年は男子が宮古島市、女子は宜野湾が優勝しました。

送信者 H18県民体育大会

平成18年度県民体育大会競技結果

男子の決勝戦は,
それぞれ初優勝をかけた宮古島市と名護市の戦い。

第1Q
両チームとも着実に得点を重ねていく。
中盤、名護♯4松尾の連続3P,♯8田港の3Pで引き離す。
1Qは,18対21の3点差で名護市がリード。

第2Q
体が温まってきた宮古島市が反撃を返す。
宮古島市♯8伊良部の活躍で逆転。
38対35の3点差で宮古島市がリードのまま
ハーフタイムを迎える。

第3Q
名護♯10糸数の連続得点,
♯8田港,♯15山口,♯4松尾の3連続3Pで追い上げる。
宮古島市は高さを活かしながら,確実に得点を重ねる。
60対58の2点の僅差,宮古島市がリードして4Qを迎える。

第4Q
着実にインサイドから得点を重ねる“高さ”の「宮古島市」。
対して,初戦から4試合を走り続けた“スピード”の「名護市」。
疲れの見える名護は,なかなか得点ができない。
4Qの得点は,宮古島市が27点,名護市が9点。
決勝戦は,離島勢としても初優勝の宮古島市に軍配があがった。

女子の決勝戦は,
4年連続の優勝をかけた宜野湾市と
2回戦で島尻郡を2点差で制した中頭郡。

1Q
宜野湾市は#9呉屋,♯15西兼盛らの活躍で良いスタートを切る。
対して,中頭郡も♯6饒平名,♯13平良が得点を重ねる。
1Qは20対12で名護市がリード。

2Q
宜野湾市♯9呉屋の活躍は続く。
中頭郡も♯12仲村,♯4大城らが頑張るが,点差が離れていく。
48対27。宜野湾市がリードをして前半を折り返す。

3Q
疲れのみえる宜野湾市,高さで攻める中頭郡
3Qは互角のままゲームが進んだ。
3Qの得点は11対11。
しかし,トータルでは59対38で宜野湾市がリード。
なかなか点数差を縮めることができない。

4Q
初戦から4試合を通して,
危なげなく勝ち進んだ宜野湾市。
最後も持ち前のスピードを活かし得点を重ねる。
対して,中頭郡は#13平良,#12仲村,#6饒平名らが
最後の踏ん張りを見せるが,終了のブザーが鳴る。
宜野湾市は4年連続の優勝である。

ギャラリーはこちらから
   ↓

H18県民体育大会

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。