【高校】第25回小橋川杯監督会議及び抽選会



2006/12/13(水) 中城村の吉の浦会館で「第25回小橋川寛杯高校生バスケットボール選手権大会」の監督会議及び抽選会が行われました。

監督会議議事録
H18新人大会の反省
1 各会場
【沖縄工業会場】

  • 1日目、背番号7日目~18で登録されていた(那覇工業高校)。16・17・18番の選手はゲームに出さない処置をとった
  • 2日間、第一試合のオフィシャルのチーム(那覇工業高校)がいない。→沖縄工業高校の選手で対応。ゲームアップができない選手がでて大変困った。
  • 校舎内を控え室として使用したチームのゴミの持ち帰りが不十分だった。翌日職員から苦情がでた。

【知念会場】

  • 特になし

【中部商業会場】

  • 2日目、第一試合のオフィシャルのチーム(球陽高校)がいなかった。

【普天間会場】

  • 登録と異なる番号で出場していた。

【西原町民体育館】

  • ベンチ内に水をこぼさない様にスクイズボトルで対応した結果、フロア内は綺麗になったが、キーパーをおく場所が水浸しになっているので、そこまで綺麗に出来るように心配りをお願いします。
  • 西原町民体育館での炭酸マグネシウムの使用は禁止。教育委員会課長から注意がありました。
  • 得点板の学校名を各会場に配布してはどうか。

2 各専門部より
【審判部】

  • 審判の割当は、勝つことを前提として組んでいるので、もし1日目で負けても2日目以降審判に組まれていることもあるので、1日目以降の審判の割当も確認するように。
  • 新人大会は日本公認の査定もあり、外部からも多くの審判が協力してくれた。外部審判員80人、高体連50人、そのうちキャンセルは30人あまりいた。

【競技部】

  • 会場設営、試合運営、片付けなどご協力ありがとうございました。

【企画部】

  • 会場設営を手伝ってくれた西原高校男子、美里工業高校男子のみなさんありがとうございました。

【総務部】

  • 3、4日目大会補助員として頑張ってくれた西原高校男子、浦添商業女子のみなさんご苦労様でした。ありがとうございました。

【専門委員長】

  • 4年後の沖縄開催インターハイにむけて仕事の再確認と、係の細分化を図っていく方針である。
  • 強化指定校、拠点校、指導者についても今年度中に決める方針である。

抽選結果
抽選結果は下記PDFファイルのとおりです。ご確認ください。

第25回小橋川寛杯高校生バスケットボール選手権大会組合せ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。