【高校】ウィンターカップ(男子)結果 興南惜敗

2007/12/28

ピクチャ 1.png

第1ピリオド、興南はハーフコートマンツー、市立船橋は2−1−2ゾーン。オフェンスは興南#10玉城のゴール下で攻めていく展開。対して市立船橋は#4神、#12和田の3P、#8星野リバウンドシュートで対抗する。24−20で市立船橋リードで終了。
第2ピリオド、興南#6金城#5岸本のドライブで市立船橋を追い上げる。しかし、コンビネーションプレイで点差をひろげていく。残り2分で興南#6の3Pが炸裂し、42−40で市立船橋リードで前半終了。
第3ピリオド、市立船橋#4のドライブ、#8のゴール下シュートなどで6点差までひろげるが、興南#10のゴール下シュート、#6のシュートによって差を縮めていく。66−64で市立船橋リードで終了。
第4ピリオド、興南はオールコートディフェンスに切り替え、相手を追い上げていく。興南#7冨山の3Pから#6のジャンプシュートで逆転する。そこから興 南はハーフコートディフェンスに戻す。残り5分、興南#12の3Pからカウントワンスローを決めさらに点差をひろげる。しかし、市立船橋#7のゴール下 シュートで1点差まで追い上げると#12のドライブシュートで再逆転する。興南#12山内の倒れながらのシュートで逆転し、カウントワンスローで3点差に するが、市立船橋#4が3Pを決め同点になり延長へ突入。
延長戦、市立船橋#4のジャンプシュートでリードする。さらに#6三富のゴール下シュートで点差をひろげる。興南#12山内、#5のドライブシュートで差 を縮めていく。だか興南は#12の3Pで同点にする。しかし、市立船橋は各自にフリースローを確実に決めるのに対して興南は決めらなかった。結局お互いの 力を出し合った試合で市立船橋が激戦を制した。

沖縄タイムス2007年12月26日(水) 朝刊 15面
最後まで激戦「最高」

延長にもつれこむ激戦の末、興南は敗れ去った。全国高校総体8強。コンディションも最高。上位進出が期待され、チームもそれを疑わなかった。

しかし、幕切れはあっけなかった。

2点のリードを許して迎えた第4クオーターの開始2分すぎ。金城徹のシュートで68—68。それまで、追いつきそうで追いつけなかった市立船橋をようやくとらえた。

その後いったんは突き放されるも、冨山英作と金城徹の連続ポイントでついに逆転。山内盛久の3点シュートで引き離しにかかった。だが、市立船橋も攻撃の手を緩めない。

残り30秒。冨山が強気の攻めで相手からファウルを引き出した。「勝敗は自分にかかっている」。2投のフリースローを決め、87—84。勝利を手にしたと感じた残り8秒。まさかの3点シュートで追いつかれた。

延長も両チームとも激しく点を奪い合い、最後の1分まで流れは行き来したが、最後はフリースローを確実に決めた市立船橋に軍配は上がった。

試合後のミーティング。井上公男監督は「皆のおかげでぼくも成長できた。ありがとう。胸を張ってこれからも頑張れ」。選手たちの目は真っ赤だったが、表情は晴れやか。「結果は悔しいけど良い仲間に恵まれ、最高だった」。これが選手たちに共通した思いだった。(上間千沙恵)


【高校】ウィンターカップ速報(女子)

2007/12/24

一回戦(12/23)

2007年12月24日(月) 朝刊 16面
西原 26点差快勝/バスケ全国高校選抜 バスケットボールの第38回全国高校選抜優勝大会(JOMOウインターカップ)は23日、渋谷区の東京体育館で開幕。県代表の女子西原は、80―54で和歌山信愛女子短大附属(和歌山)に快勝して3年連続で初戦突破を果たした。24日はベスト16入りを懸けて、全国総体8強の倉敷翠松(岡山)と戦う。男子興南は25日の2回戦から登場する。

◇     ◇     ◇
[ハイライト]
積極攻撃に堅守 終始圧倒 夏以降地力を上げた西原が、終始流れをキープ、和歌山信愛を圧倒した。
松田清花主将は「高さがない分、攻めやすかった」とニンマリ、安里辰雄監督は「持っている力の5割くらいで戦えた」と余裕をのぞかせた。 第1クオーターはシュートミスが目立ったが、攻めは積極的だった。  相手の力を見抜いた第2クオーター以降、金城里奈がリバウンドを奪って切り込んだほか、照喜名美幸と仲嶺絵里もシュートを次々に決めてポイントを重ねた。堅い守りで相手のパスコースを断ち切るなど、勢いは止まらなかった。 登録した15人全員がコートに立った。松田主将は「全国の経験は来年の新人戦の結果につながるので良かった」と笑顔を見せた。
2回戦の倉敷翠松(岡山)戦に照準を置き、練習を重ねてきた。相手は185センチのセネガル人留学生を擁し、高さのあるチーム。 松田主将は「今日の相手よりシュート力が上がると思う。ディフェンスが肝心」、安里監督は「練習でやってきたことのすべてを出し切るだけ。集中力を切らさずに戦いたい」とそれぞれ気を引き締めた。(上間千沙恵)

2回戦(12/24)

残念ながら、県代表の西原高校(女子)の3回戦進出はなりませんでした。
選手の皆さん、お疲れ様でした。

ウィンターカップWebページ

Powered by ScribeFire.


【中学】第42回 沖縄県中学校新人バスケットボール大会

2007/12/22

 みだしの大会の組み合わせ抽選結果(PDFファイル)です。
ダウンロードし、ご確認ください。

第42回 沖縄県中学校新人バスケットボール大会


【高校】第26回小橋川寛杯争奪高校生バスケットボール選手権大会組み合わせ

2007/12/12

本日、みだしの大会の監督会議ならびに抽選会が行われました。
監督会議でありました「新人大会の反省」を、小橋川杯でぜひ生かしていきたいものです。
①オーダー用紙は規定のものを使用してください。
スコアシート添付用オーダーシート県協会用オーダー変更用紙をご利用ください。
②土足での入場が多い。お互いで注意しましょう。
③キーパーは体育館内に持ち込まない。

第26回小橋川寛杯争奪高校生バスケットボール選手権大会組み合わせ