【登録】小中高連盟加入コードについて

2011/04/05

今年度、新規にチーム登録する場合は、都道府県連盟の加入コードが必要になります。各小中高連盟の今年度の加入コードを下記に記載いたします。

沖縄県高等学校体育連盟バスケットボール競技専門部
加入コード      324707001111

沖縄県中学校体育連盟バスケットボール競技専門部
加入コード     324708001142

沖縄県ミニバスケットボール連盟
加入コード     324709001154

なお、昨年度登録してあるチームは上記加入コードは必要ありません。「チーム継続登録申請」で登録することができます。お間違えなきよう確認お願いします。


【高校】第10回おきなわカップについて

2011/02/14

3月19日・20日の両日、沖縄市体育館を会場に第10回おきなわカップが開催されます。
今回は10回目の節目となる記念大会です。今大会も、去年同様海外勢や日本トップレベルのチームを招聘し、レベルの高い大会になることが予想されます。参加チームは下記の通りです。

  • 能代工業高等学校(秋田県)
  • 洛南高等学校(京都府)
  • 福岡第一高等学校(福岡県)
  • 台湾チャンピオンチーム
  • 興南高等学校(沖縄県)
  • 小禄高等学校(沖縄県)

期日:平成23年3月19日(土)・20日(日)
場所:沖縄市体育館(沖縄市諸見里2-1-1)
時間:19日(土) 10時開始    20日(日) 9時30分開始

観戦料:前売り券500円(当日700円)

チケット販売店

  • 那覇地区:ステップバイステップ
  • 中部地区:フォーラム、ハイファイブ、BCスポーツ、ネロメスポーツ
  • 北部地区:ランクアップ

前売り券に関する詳細は下記のようになっております。チーム単位で購入される場合は(下記PDFファイルにも記載してありますが)浦添高校の安谷屋健太まで問い合わせください。

2011年沖縄カップ前売り券申し込みについて

 


【高校】第29回小橋川寛杯競技結果

2011/01/16

沖縄市営体育館を主会場に行われた「第29回小橋川寛杯争奪高校生バスケットボール選手権大会」は、男子が「興南高校(3年連続8回目)」、女子は「糸満高校(2年ぶり3回目)」の優勝を飾りました。

第29回小橋川寛杯争奪高校生バスケットボール選手権大会勝ち上がり表(PDF)

【訂正】男子1回戦「辺土名VS.陽明」の対戦スコアと結果に誤りがありました。お詫びして訂正いたします。チーム関係者の皆様、ご迷惑をおかけしました。

第29回小橋川寛杯争奪高校生バスケットボール選手権大会勝ち上がり表果(訂正版)

第29回小橋川寛杯ギャラリー

男子優勝を飾った興南高校は、新人戦に続き#4上原大輝がポイントガードを努めチームを引き締めた。決勝の相手の「小禄高校」は興南の高さに対しインサイドでは徹底したダブルチームで守り、容易にシュートにいかせなかった。また粘り強いディフェンスからターンオーバーを誘発し興南オフェンスのリズムを崩し最後の最後までわからない接戦に持ち込んだ。終了間際、ファウルゲームで興南がフリースローを落としたところを、小禄が確実に決めることができなかったのが分かれ目となったか。

女子決勝は新人戦と同じ顔合わせの「糸満」「西原」。1点を争うクロスゲームとなり手に汗握る展開となった。第4ピリオド残り2分、西原、リバウンドからのファーストブレイクで#4稲嶺カレンが果敢にドライブを試みる。残り時間、得点差からいっても強気で攻める場面である。レイアップに持ち込むが、痛恨のオフェンスチャージング。直後#4稲嶺カレンはディフェンスでもファウルを犯してしまい5ファウル退場。攻守の要の選手の退場は大きく響いた。対する糸満は1分を切り、1点ビハインドの状況で#15仲間暁星が値千金の3ポイントシュートを沈める。これが決勝点となった。

今大会は男子で「コザ」と「那覇国際」がノーシードからベスト8に勝ち上がった。
「コザ」はベスト4をかけて「北中城」と激突。#7安里涼を中心にオフェンスを組み立て一歩も引かず、オーバータイムに持ち込む非常にもつれた展開になった。#7安里涼は32得点の奮闘を見せるが、あと一歩及ばなかった。
「那覇国際」は「糸満」を破っての嬉しいベスト8入り。安定感のあるガードと高さのあるインサイドがおり、オーソドックスでそつなのないバスケットを見せてくれた。ベスト4をかけて戦った「美来工科」には64-72と大健闘した。


【高校】第29回小橋川寛杯組み合わせ

2010/12/10

見出し大会についての監督会議及び組み合わせ抽選会が中城村吉の浦会館で行われました。
抽選結果は以下のとおりです。

*女子二日目の西原高校との対戦試合順にミスがありました。お詫びして訂正いたします。
訂正版は下記よりダウンロードしてください。

第29回小橋川寛杯組み合わせ(訂正版)

第29回小橋川寛杯組み合わせ(PDF)

男子はどこも激戦ですが、1回戦で特に注目のカードは
沖縄工業-沖縄高専
沖縄水産-浦添商業
具志川-宮古
首里-那覇
です。

女子の注目カードは
首里-北谷
です。


【総合】第44回沖縄県総合バスケットボール選手権大会競技結果

2010/10/10

みだしの大会が玉城村民体育館を主会場に10月9日、10日の日程で行われました。

男子 優勝 レキオスBasket  準優勝 興南高校
女子 優勝 OMガス石油SS  準優勝 沖縄大学

男子「レキオスBasket」、女子「OMガス石油SS」共に初優勝です。
男子準優勝した「興南高校」は1回戦で昨年の覇者「りゅうせきクラブ」を破り、2回戦では117回一般選手権の優勝チーム「BIG MACS」を破っての決勝進出でした。
女子準優勝の「沖縄大学」は初の決勝進出。

上記の4チームは11月13日(土)、14日(日)に開催されます九州総合バスケットボール選手権大会に派遣されます。今年は沖縄開催なので九州のトップチームの戦いが見ることが出来ます。会場は「南城市玉城村民体育館」を主会場に「県立真和志高校」の2会場で行われます。


【高校】平成22年度高校新人体育大会バスケットボール競技組み合わせ

2010/09/30

本日行われました抽選会の組み合わせ結果を掲載いたします。

平成22年度高校新人体育大会バスケットボール競技組み合わせ(PDF)


【一般】第44回沖縄県総合バスケットボール選手権大会組み合わせ

2010/09/30

上記大会が10月9日(土)、10(日)の日程で南城市玉城村体育館と南城市知念村体育館で行われます。
今年は九州総合選手権が沖縄開催ということもあり、熱戦が期待されます。

一般選手権のベスト8チームの中から県協会の推薦を経てのチーム。それから高校選手権の優勝・準優勝チーム(女子はベスト4以上)という構成。県内一を決めるにふさわしいチームが出揃いました。
男子の見所は、昨年の覇者「りゅうせきクラブ」と先の高校選手権で優勝した「興南高校」との一戦です。試合巧者の「りゅうせきクラブ」に対して、「興南高校」が個人技の高さを活かしたハイスピードなバスケット。楽しみです。

女子は一般、大学、高校と各連盟からバランスよくチームが選出されました。一回戦は、「南風原石油vs沖縄国際大学」、「西原高校vs沖縄大学」、「食楽vs那覇高校」、「糸満高校vsOMガス石油SS」とすべて連盟の枠を超えた戦いとなります。下克上があり得るのか、ベテランの意地を見せるのか、おもしろくなりそうですね。

第44回沖縄県総合バスケットボール選手権大会組み合わせ