【一般】第118回一般選手権競技結果

2011/04/17

男子は「Bullets」、女子は「食楽」が優勝。ともに初優勝。女子「食楽」はクラブ選手権では優勝経験が何度もありますが、一般選手権は意外なことに初優勝なのです。OMガス石油SSを延長の末下しました。

第118回一般選手権勝ち上がり表(PDF)

個人的にとてもおもしろかったのは、食楽#19伊佐樹里とOMガス石油SS#4呉屋菜美子のマッチアップ。

ボールを持たせない激しいディフェンス。ミートアタックからの1 on 1。レベルの高い技術の応酬でした。

・第118回一般選手権ギャラリー


【一般】第118回一般バスケットボール選手権大会・試合結果中間発表

2011/04/13

4/9(土)より行われております、第118回一般バスケットボール選手権大会・中間発表試合結果です。
第118回一般選手権_男子_中間勝ち上がり(PDF)
第118回一般選手権_女子_中間勝ち上がり(PDF)
今週末の試合で、優勝が決定していきます。勝ち上がったチーム、応援の皆様、試合を盛りあげていきましょう。頑張ってください!


【一般】第118回一般選手権 エントリー変更用紙

2011/04/05

エントリー変更の必要のあるチームはを下記よりエントリー変更用紙(Excel)をダウンロードし、必要事項を記載の上、大会初日、第一試合前に当該会場大会本部へ提出してください。提出期限厳守でおねがいします。


【一般】第118回一般選手権組み合わせ

2011/04/01

標記大会の組み合わせを下記PDFファイルにて掲載いたします。

今大会申し込みに関しては、当協会としましても、いろいろと行き届かないところがあったことをお詫び申し上げます。


【クラブ・一般】第118回一般選手権要項及び申し込みについて

2011/02/25

標記大会を平成23年4月9日(土)・10日(日)・16日(土)・17日(日)の日程で開催いたします。

昨年度はメールでの申し込みでしたが、今回から「TEAM-JBA」の大会申し込みシステムが稼働ということで、「第118回一般選手権大会」からは「TEAM-JBA」での申し込みになります。

「第118回一般選手権大会」に申し込む前に、2011年度(平成23年度)のチーム登録を済ませ、チーム所属の競技者登録をお済ませください。競技者登録が済んでいないと、システム上「第118回一般選手権大会」にエントリーできませんのでご注意ください。

手順としては以下の通りになります。
①沖縄県クラブ連盟に「継続加入申請」を行う。または「新規加入申請」を行う。

②沖縄県クラブ連盟から「承認」を受ける。

③チーム加盟料の納付を行う(コンビニ決済)。

④前年度継続メンバーを一括登録する。または「新規競技者登録」を行う。

⑤大会申し込みを行う。(2/26より申し込み可能)
「TEAM-JBA」に管理者IDにてログインしてください。「マイページ」の「大会申込管理」の「大会一覧」をクリックしてください。

申込内容入力の画面に移動します。
(1)チーム情報入力
チーム責任者の情報を入力してください。

(2)チーム名と帯同審判を入力してください。

(3)エントリーする選手にチェックを入れ、必須項目を入力してください。ここで、競技者登録していない選手はチェックを入れることができませんので、ご注意ください。

要項も、申し込みの画面からダウンロードすることができます。

申込開始日     平成23年2月26日
申込期限     平成23年3月24日
抽選会  平成23年4月1日(金)午後7時「吉の浦会館」

参加料と振込先は要項をダウンロードしてご確認ください。

尚、チーム登録料及び競技者登録料の支払いは「コンビニ決済」ですが、
「第118回一般選手権大会」の参加料振り込みは「沖縄銀行」への振り込みとなっております。
システムが完全には整っていないため、チーム責任者の皆様へは大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解の程、ご協力よろしくお願いします。近いうちに「TEA-JBA」のシステム上で大会参加費の支払いができる(コンビニ決済)ようになりますので、いましばらくお待ちください。


【一般】H22県民大会結果

2010/11/29

男子は那覇が宮古島市の5連覇を阻止し、13年ぶりの優勝を果たした。
女子は宜野湾市が8連覇。

平成22年度県民体育大会競技結果(PDF)

関連記事
沖縄タイムス 2010.11.29


【一般】第62回全九州総合選手権 競技結果

2010/11/14

南城市玉城総合体育館を主会場に11月13・14日の日程で行われましたオールジャパン九州予選は、男子「九州電力」、女子「西南女学院大学」の優勝で幕を閉じました。

沖縄県勢はベスト4に男子2チーム、女子1チームが入る健闘を見せました。特に男子「興南高校」と「東海大学九州」を破る大健闘を見せました。ウィンターカップに向けていい経験がつめたのではないでしょうか。

男子
優勝  九州電力(福岡)
準優勝 福太郎クラブ(福岡)
3位 レキオスBasket(沖縄)
4位 興南高校(沖縄)

女子
優勝  西南女学院大学(福岡)
準優勝 鹿屋体育大学(鹿児島)
3位 鶴屋百貨店(熊本)
4位 OMガス石油SS(沖縄)


日田協会#4津軽啓二。粘り強いプレーでチームを引っ張った。ここぞというときに決める勝負強さはさすが。


長崎教員クラブ#14田口裕也。果敢なドライブインと闘志あふれるプレーで観客を魅了した。


福太郎クラブ#10門脇翔平。驚異のスリーポイントシューター。決勝でも大事なところで決め、チームを勢いづけた。


長崎教員クラブ#6下田雄佑。内外ともにバランスのとれたシューター。特にハイポスト付近でのプレーはうまさがあった。


OM石油ガスSS#5西兼盛しの。ツインガードの宮城ちづるを怪我で欠いた準決・3決では文字通り司令塔としてフロアリーダーシップを発揮。


西南女学院大学#14川原ゆい。要所で決める勝負強さは圧巻。末恐ろしいルーキーである。


九州電力#5中川直之。九州電力のポイントガードにしてアウトサイドシューター。スリーポイントは入りだすと手がつけられなかった。

 

第62回全九州総合バスケットボール選手権大会勝ち上がり表

第62回全九州総合バスケットボール選手権大会ギャラリー